働く女性を応援す仙台情報サイト「Me」

【抽選で1名様】MACO【直筆サイン入り色紙プレゼント】

MACO

2014年にメジャーデビュー以降、ラブソングを中心に共感を呼ぶ歌詞や、歌声で10代~20代の男女に絶大な人気を誇るシンガーソングライター。

今回Meの編集部はMACOさんに独占インタビューを敢行‼︎昨年の11月15日に発売された「メトロノーム」についてや、オススメ美容法についても伺いましたよ♪

ーー早速ですが、11月15日に発売されたアルバム「メトロノーム」ですが、こちらはどんな内容になっていますか?
歌詞を書くときに、自分が何に支えられてるのかとか、何を頼って生きてるのかなとか考えたときに、大切な人、家族、数少ない友達、そういう人達が自分のリズムを整えてくれる、メトロノームのような存在だなと思い、どんどん歌詞が出来上がってきて、そんな思いを1枚にしたとき、リスナーの人達のリズムを整えるような1枚になったらいいなと思って「メトロノーム」というタイトルにしました。
ーー制作中のエピソードなどありますか?
製作期間は3か月くらいだったんですが、「メトロノーム」というタイトルから浮かんできました。そこから広げていって、スムーズに進んでたんですが、レコーディングの部分で以前よりこだわりが強くなりすぎて、何度も録り直しをしました。自分で、自分の首絞めてるみたいで辛かったですけど、その分すごく愛情とか思い入れがある作品に仕上がりましたね。
ーー今回の曲はアルバムに向けて一から製作したのですか?
「恋するヒトミ」や、「恋の道」、「二人は夢みるマーメイド」は元々「メトロノーム」に入れようと決めてたんですけど、その他はこのアルバムのために書き下ろしたものがほとんどで、去年、書き溜めてたものから作った曲もあります。
ーー今回アルバムのタイトルにもなっていますが、1曲目の「メトロノーム」は改めてどんな曲になっていますか?
自分を支えてくれる人へのありがとうって気持ちと、出会えたことへの奇跡というか、”奇跡は偶然ではないんだろうな”と私は思い始めていて、それが運命。運命ってファンタジーな感じもするんですけど、私はそれで地球が成り立ってると思っていて、そういうスケールの大きい愛にもフォーカスして作った1曲です。
ーーアルバムのリードトラックにもなっている「Sweet Memory」こちらはどんな思いで作られた曲になっていますか?
今回このアルバムで、私の曲を聴いたことない人にもどんどん広げたくて、季節的にも切ない曲を代表曲にしたかったんです。「恋するヒトミ」とか、「恋の道」は幸せが成就してる曲だったんですけど、叶わない恋って切なくない人も切なくしてしまう凄さがあって、それを今回「メトロノーム」の切り口にしたくて作りました。
ーーMVを拝見したのですが、これは衝撃でしたね。
曲だけを聴いてると男女の曲なんですけど、そこからもう一歩踏み入って自分の曲の歌詞の捉え方や、聴こえ方が、このMVによって違って聞こえるという化学反応みたいなものを起こしたくて、同性愛にスポットを当てて作りました。

ーーMACOさんはラブソングを中心に歌われてると思うんですが、ご自身の実体験なども曲に生かされたりとかはしますか?
そうですね。ほぼ実体験が多くて、CMのタイアップと、ドラマのために書下ろす時も、内容も踏まえつつ、どっかで自分が主人公であるというか、自分の経験も含め書いていかないと、歌に息が吹き込まれないんですよね。なので、私の曲は全部実体験って言っていいですね。
ーー今回のアルバムの中で、思い入れがある曲や、お気に入りの曲などありますか?
やっぱり「メトロノーム」かな。最後の最後まで製作が終わらなかった曲で、それほどこだわり抜いて作った1曲ですね。
ーータイアップの曲を作るとき、他のご自身の曲を作る時と違いはありますか?
「恋のヒトミ」は、コンタクトをした瞬間から世界が変わるっていうのが恋に繋がってて、それを応援する立場になりたいと初めて思いましたね。新成人の人とか、コンタクトを迷っている人にも届くような応援ソングを作りたくて。今までの自分だったら書かなかっただろうなって思いました。自分の曲を思い返してみると、応援ソングって一つもないなって思って。今回このタイミングでACUVUEさんからお話いただいた時に、私の歌で背中を押せたらなと思えた。それもACUVUEさんのおかげですし、今回の話がなかったら、応援ソング作りたいって思わなかったかもしれないですね。
ーー11曲目の「恋の道」こちらもタイアップ作品ですが、海外でMVの撮影をされたんですか?
そうなんです。シンンガポールで撮影したのですが、綺麗でとてもいいところでした!街並みが可愛らしいというか、どこを撮っても絵になるし、食べ物も、比較的日本人の口に合うんじゃないかなと思いますね。マーライオンも見れたし、クルージングとかもさせてもらえて、旅行に行ったような開放的な気分で撮らせていただきました。
ーーリリースから3ヶ月経ちましたけど、ファンの方の反応はどうですか?
アルバムとなると、みんなワクワクドキドキして1曲目から聴くと思うんですけど、やっぱ固まりますね。この曲が好きとか、みんなその時の心情にあった曲を選んでくれてるんだなと。「カタオモイ」とか、「Sweet Memory」は女の子に人気で、「僕だけのBaby」は男の子から人気があったりとか、濃い意見が聞けてよかったなと思います。
ーーMACOさんが音楽を始めるきっかけなどありましたか?
スカウトしていただいて上京してからYouTubeに踏み込んでいった感じですね。元々、小さい頃から歌が好きで、テレビの前で歌っているのがビデオにも残ってるんです。
ーー小さい頃から将来の夢は歌手だったんですか?
いや、獣医さんでしたね(笑)歌手になりたいと思ったことなくて、声かけてもらわなかったら普通のお仕事してただろうなと思いますね。
ーーもしかしたら獣医さんになってたかもしれないですね。
そうですね!でも、私血が無理なんで、ダメですね(笑)

プライベートについて

ーーインスタで拝見したんですが、MACOさんはウサギを飼われてるんですか?
そうなんです!ドワフもメトロノームじゃないですけど、心を整えてくれる大事な存在ですね。
ーー来月2月14日はバレンタインですが、MACOさんのバレンタインの思い出などありますか?
バレンタインは基本手作りにしてるんですよ。チョコが白く固まって失敗しちゃったりとかはありましたけど、それもいい思い出かなと思います。

ーーMACOさんオススメの美容法などありますか?
汗を出すことだと思いますね。お風呂は夜だけじゃなくて朝起きてからも入るようにしてて、そうすると気持ちもリフレッシュできるんです。溶岩浴とかもそうですけど、行くのといかないのとでは肌の調子が全然違うんです。汗を出すと、むくみも取れるし、肌もつるつるになるんで、オススメです!
ーーリラックスする方法や、癒しの瞬間などありますか?
キャンドルですね。火の光を見るだけで落ち着くんです。セージだと、部屋の浄化にもなるので疲れて帰ってきても、キャンドルとかセージが一気に浄化してくれるので、部屋に入った時の雰囲気が違うんですよ。

仙台について

ーー仙台の印象はいかがですか?
仙台は、北海道と似た感じがあります。気温とか、人も暖かいけど、ちょっとだけシャイな感じとか、スローペースなとこも北海道と似てますね。あとは毎回、帰りにずんだシェイク飲んで帰ったりしてます。
ーー1月28日にはトークネットホール仙台でライブがありますが意気込みは?
自分のホールツアーとなると気合い入ってます!今回のツアーは壊れる勢いで行きたいなと思っています。いつも緊張しちゃうので、その緊張も楽しみつつ、みんなで壊れて忘れられない日にしたいです。


ーーMACOさんにとって2018年はどんな年にしたいですか?
「メトロノーム」を昨年末にリリースして、2018年はツアーで幕開けのなので、結構いい波に乗れてるなって自分の中では思っていて、これから製作もどんどんしていきますし、みんなの耳と、目に私の歌が届く1年になるかなと思うので、自分らしく肩の力を抜きながら活動していきたいなと思います。
ーー最後にファンの方や、読者に向けてメッセージをお願いします!
聴いてくださっているリスナーの方たちは10代20代が多いって言われてるんですけど、私も今年で27歳なんですよ。なので恋愛も歌の仕事もどんどんレベルアップしていかないといけないので、読者の皆さんと一緒に頑張っていきたいので、私の曲聴いたことない方は是非、聴いてみてくだい。

CD情報

2017年11月15日(水)発売

『メトロノーム』

<初回限定盤>
¥3,024 (税込)UICV-1091
<通常盤>
¥3,024 (税込)UICV-1091

ライブ情報

会場:トークネットホール仙台(仙台市民会館)

日時:1月28日(日)
   開場16:00/開演17:00
(問)キョードー東北 TEL:022-217-7788

Meスペシャルプレゼント

直筆サイン入り色紙を抽選で1名様にプレゼント!
※当選は発送をもってかえさせていただきます。
※応募の締め切りは投稿日より2週間

お名前 (必須)

年齢 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

住所 (必須)※郵便番号もご記入ください

題名
[MACO色紙プレゼント応募係]

Meへの感想 (必須)

MACOへのメッセージ (必須)

トップへ戻る