働く女性を応援す仙台情報サイト「Me」

【Dream Ami】2018年4月18日(水)発売「アマハル」

Dream Ami

6枚目のシングル「アマハル」が4月18日にリリースされる。
今作は、本人出演のブルボン「おいしいココナッツミルク」CMソングとしてオンエアされており、
この春を彩る甘く切ないミディアムナンバーになっている。

●昨年10月に1stソロ・アルバム『Re: Dream』をリリースして、どのようなことを感じましたか?
Dream Ami「今までずっとグループで活動してきたこともあって、ソロ・アーティストという実感をなかなか持ちきれていなかったんです。ですが、1stソロ・アルバム『Re: Dream』を制作していく中で、ようやく自分をソロのアーティストとして意識できるようになった気がしています」
●その後、初のソロ・ツアー『Dream Ami 1st. Live Tour 2017 ♡ Re: Dream』を成功させました。このツアーを経て実感したこと、今後の方向性や新たに見出したことなどあれば教えてください。
Dream Ami「ツアーをするまでは、成長イコール変化という意識を持っていたので、自分がもっと変わっていかなければならないという気持ちがありました。なので、アルバムをリリースしてツアーを終えたところで、今までとは違った方向性が見えるんじゃないかと思っていました。ですが、実際にツアーを終えてみると、このツアーで表現できた自分の世界を、もっと濃く表現していくことが成長になるんじゃないかということに気がつきました。必ずしも変わることが成長ではなくて、逆に今まで自分がやってきたことや自分の好きなものをとことん突き詰めていくことで、Dream Amiにしかできない表現ができあがるのではないかと思うようになりました」
●そこに気づけたことは、Dream Amiとしての大きな収穫だったのではないでしょうか?
Dream Ami「この気づきが正解だったのかどうかは、これからわかっていくことだと思いますが、今は自分のこの考えに自信を持っています」
●そんなマインドで臨んだソロ通算6枚目となるシングル「アマハル」は、いかに制作に入ったのでしょうか?
Dream Ami「1stソロ・アルバムでは、今までやってきたことの集大成のような作品が作れたと思っています。では次のシングルの方向性をどうするか考えた時に、イメージをガラッと変えることもできたと思うのですが、先ほどもお話しした通りDream Amiの表現を突き詰めていくことだと思ったんです。その中でも、ちょっとした変化を楽しんでいただけて、聴いていてあきない曲にするにはどうすればいいかということを凄く考えました。今までもミディアムのラヴソングは歌ってきましたが、ちょっと大人っぽいニュアンスが入っていたり、よりドラマチックなサウンドになっていたりする部分で新しいアプローチができたと思っています」
●歌詞の世界観にも触れていきますが、今作は春のラヴソングに仕上がっていますよね?
Dream Ami「発売時期が4月ということだったので、思いっきり春を意識したラヴソングにしました。思い返してみれば、こんなに季節感を意識した曲はあまり歌ったことがなくて、春を前面に出した曲はきっと初めてだと思います。春というと凄く短くて、すぐに過ぎ去ってしまう儚さもある季節ですよね。だから、ちょっと懐かしく思えるような曲にしたいということを作詞家の小竹正人さんにお伝えして歌詞を書いていただきました」
●小竹正人さんならではの秀逸な詞世界ですが、歌詞があがってきた時はどんな感想を持ちましたか?
Dream Ami「私に寄せて書いてくださったと思います。私がイメージした春が過ぎ去るスピード感も歌い出しの歌詞で表現していただけましたし、共感できる部分が多い歌詞です」
●歌い出しの〈サクラはハラハラすぐに散っちゃって 空が早く早くと夏を呼んでいる〉という歌詞は、Dream Amiさんの春のイメージを的確に表現していますよね?
Dream Ami「そうですね。春を惜しんでいるうちに、すぐそこまで夏が来ている一瞬の儚さのようなものが表現されている歌詞ですよね。私は春が一番好きです!」
●そうなんですね。ちなみに春と言えば、何色をイメージしますか?
Dream Ami「桜のピンクという印象が世間一般には強いと思いますが、私は水色のイメージです。心地よい風や温度感、澄み渡る空といった、冬が明けた清々しい感じが私の春のイメージ。なので、色で例えると、水色になるかもしれないです」
●ありがとうございます。また話題を楽曲に戻しますが、レコーディングの際に意識したことはありましたか?
Dream Ami「作詞していただいた小竹さんから、切なさが強く出ている歌詞だからこそ、切なさを意識せずに歌った方がいいんじゃないかというアドバイスをいただいたんです。確かにこのメロディでこの歌詞を切なく歌ったら、とことん寂しい曲になってしまいますからね。私が大事にしたかったのは、あくまでも春の甘い季節感。夏のようにパッと明るく歌うわけではないのですが、春をイメージさせる歌い方というのは意識しました」
●タイトルの「アマハル」という造語も、小竹さんのアイディアですか?
Dream Ami「はい。いくつか候補があったのですが、この造語がいいなと思いました。私も歌詞を書かせてもらう時、タイトルが悩みどころなんです。結果、あまりひねらないタイトルばかりつけてしまうのですが、この「アマハル」というタイトルはひねっているけどわかりやすいですよね。実際に歌詞の中で使われているフレーズではありませんが、サビの最後の〈Sweet Spring〉を日本語に訳して、それをキュッと略してしまうセンスはやはりすてきだなと思いました」
●トラックについてもうかがいますが、どのような視点でチョイスしたのでしょうか?
Dream Ami「今回は実際の制作に入る前から、私が出演させていただくブルボン〈おいしいココナッツミルク〉のCMソングに起用していただけることが決まっていました。なので、曲選びに関してもCMの世界観に合うドラマチックな春をイメージしながらチョイスしました」
●ご自身としても今回のようなトラックは歌いやすかったですか?
Dream Ami「歌いやすかったです。曲を作ってくださったのがスウェーデンのプロデュサーで、Erik Lidbomさんという方なのですが、これまでも何曲か書いてくださっています。アルバム『Re: Dream』の制作時にはスウェーデンで一緒にレコーディングを経験しているので、私の一番いい音域なども意識して作ってくださったのだと思います。この曲に関して、直接のやり取りはなかったのですが、聴いた瞬間にそれを凄く感じましたし、何より歌っていて気持ちが良かったです」
●今作のMVはどのような仕上がりになりましたか?
Dream Ami「春のラヴソングだと、お花畑なイメージがあると思いますが、ちょっと意外なMVになりました。楽曲単体で聴くのとは違ったストーリーが、今回のMVでは表現されています。衣装に関しても今まで着たことのないワークテイストなスタイリングでリップ・シーンを撮ったり、小芝居が多かったり(笑)、新しいDream Amiを表現できたと思っています」
●今回のMVでDream Amiさんから提案したアイディアはあったのでしょうか?
Dream Ami「今回も関(彩乃)監督に撮っていただきました。プライベートでも何度かお食事に行かせていただいたり、私を知り尽くしている監督さんのおひとりなんです。そういう方にお願いできたので、自分からは提案せずに監督が曲を聴いて感じたものがどういう世界なのか、そこを楽しませていただきました」
●アートワークについてもお話しいただきたいんですが、今作も吉田ユニさんとのコラボレーションなんですよね?
Dream Ami「はい。ユニさんとのお仕事も長いので、やっぱりオーダーなしでしたね(笑)。私がこういう感じでと提案するよりも、お任せした方が想像以上の仕上がりになると思ったんです。結果、とてもすてきなご提案をいただいて、一見したインパクトはもちろんですけど、そこにある奥深さだったり意味を考えながら見ていただくと、より楽しんでいただけるアートワークになっています」
●続いてカップリング曲「ノーアイディア」についても解説していただきます。ご自身で作詞を手がけた楽曲ですが、どんな想いで制作していったのでしょうか?
Dream Ami「まず始めに曲調がとてもお気に入りだったんです。このリズム感は今までの自分の楽曲にはなかったので、挑戦してみたいと思って選びました」
●まずはトラックをピックアップしたところから制作がスタートしたということですね?
Dream Ami「はい。実は仮歌の歌詞に〈ノーアイディア〉というフレーズが入っていて、そこから一気に曲の世界観が広がっていきました。この曲も女の子の恋心を描いているのですが、素直で天真爛漫な女の子の気持ちをこのメロディに乗せたら、ちょっとコメディチックで面白くなるんじゃないかと思いました。なので、歌詞は〈ノーアイディア〉な女の子が、姑息な考えなしにまっすぐ恋に突き進む情景をイメージしながら書きました。あと、このトラックを聴いた時に90年代のイメージがあって、ちょっと懐かしさを感じたんです。なので、昔っぽい言葉、自分が小学生か中学生の頃によく使っていた言葉や物、風景をイメージしながら歌詞を書きました」
●確かに歌詞に出てくる〈イエデン〉という言葉は、もう過去のものですよね。
Dream Ami「今の時代だったら絶対にLINEですよね。私が中学生の頃はイエデンしかなかったので、長電話して親に叱られた記憶がたくさんあります(笑)。他にも中学生くらいの頃をイメージしながら書いた歌詞が多いので、私と同世代だったり少し上の世代の方には、懐かしんで聴いてもらえたり、共感していただける内容の歌詞だと思います」
●この「ノーアイディア」では、今までにないリズム感に挑戦したとのことでしたが、実際のレコーディングはどうでしたか?
Dream Ami「今まで歌ったことがないリズムを自分の曲で表現するには、いろいろイメージも必要でしたし、現場で苦戦した部分もありました。このトラックをチョイスした時点で、きっと私が苦手な曲だなっていうことはわかっていましたが、できなくはないだろうなとも思っていました。こういう挑戦は自分を成長させる意味でも必要なことですし、やってみるにはとてもいい機会だったと思います」
●付属するDVDにはソロ・ツアー『Dream Ami 1st. Live Tour 2017 ♡ Re: Dream』東京公演のライヴ映像を収録するそうですね。全21曲収録というボリュームですが、どのように楽しんで欲しいですか?
Dream Ami「ツアーに来てくださった方には、もう一度あの空間を思い出していただきつつ、違うアングルから観る楽しみも味わっていただけると思います。私の表情ひとつとってもそうですし、細かい演出に気づいていただけたら嬉しいです。ツアーに来られなかったという方には、Dream Amiの世界観を存分に楽しんでもらえるライヴになっていますということをお伝えしたいです。自分で映像を観ても「Dream Amiっぽいな」という感想を全編を通して持てましたし、初のソロ・ツアーにふさわしい内容だったと思っています。このツアーが基準となって、これからのDream Amiのライヴ観が形成されていくので、このDVDで私のデフォルトを感じていただきたいです」
●せっかくなのでうかがいますが、Dream Amiさんにとってライヴとはどういうものですか?
Dream Ami「実は私、ライヴが得意ではなくて…」
●そうなんですか? 意外です!
Dream Ami「そうなんです。ライヴってすべてをさらけ出してしまう場所じゃないですか。歌唱力もパフォーマンスのしかたも、しゃべり方もMCの内容も。だからこそ楽しみな部分もありますけど、どちらかと言うと、「わー、どうしよう…」とプレッシャーに感じる部分が多いんですよ。でも、楽しんでもらえているお客さんの顔をステージから見ると自分も楽しくなってしまって、ライヴを終えた後にはまたひとつ成長した自分がいるような気もするんです。だから、私にとってライヴとは最もレベルアップできる場所であり、少しずつ自分に自信が持てるようになる場所なんだと思います」
●今作をリリース後、2018年はどのような活動をイメージしていますか?
Dream Ami「1stソロ・アルバム『Re: Dream』から今作「アマハル」まで少し期間があいてしまいましたが、またここからスピードを上げてアーティスト活動を精力的にやっていきたいと思っています。今年中にまた次のシングルを出したいですし、ライヴや夏のイベントにもたくさん出演していきたいです。その一方で、アーティスト活動とはまた別の歌や踊り以外の表現の部分でも自分らしさを確立していけるように挑戦し続けていきたいと思っています。なので、まったく落ち着くつもりはないです(笑)」
●最後に、6thシングルを楽しみにしていたファンのみなさんにメッセージをお願いいたします。
Dream Ami「私も凄く待ち遠しくて、早く新しい曲をみなさんにお届けしたいなとずっと思っていました。今回やっと新曲をみなさんにお届けすることができて、本当に嬉しいです。今作「アマハル」を楽しんでいただき、少しでもみなさんの生活の一部として共存できたらいいなと思っています」

 interview:NOBUHIKO MABUCHI

CD情報

rhythm zone
2018年4月18日(水)発売

「アマハル」


[CD+DVD]RZCD-86556/B ¥4,491+税


[CD]RZCD-86557 ¥1,000+税

【公式HP】ami-ldh.jp/

この記事を書いた人
hanaemi
1983年仙台生まれ 2児の母。主婦の方にも楽しんでもらえるような情報を伝えていければと思います。
トップへ戻る